身体表現性障害

検査で問題がないにもかかわらず、動悸、痛み、しびれ、吐き気、めまい、喉のつまりなどの身体症状が長期間存在する病気です。

それらの症状は実際に存在しており、大変つらいので、人によっては身体的な病気ではないという説明を受け入れられず、精神科や心療内科受診までに長い期間を要することもあります。

身体表現性障害の中にも、多彩な身体症状が数年にわたって持続している「身体化障害」、特定の深刻な病気にかかっているという可能性にとらわれてしまっている「心気障害」、執拗な痛みにとらわれている「疼痛性障害」、動悸、発汗、震えや呼吸器系、消化器系などの自律神経系症状が続く「身体表現性自律神経機能不全」など、様々なタイプがあります。

いずれの場合も、身体的な問題はないということを、ご本人がきちんと理解、納得していくことが大切です。治療方法としては、抗うつ薬や抗不安薬などの薬物療法が有効な場合もありますが、長年苦しんできた症状を簡単に消すことは困難な場合も多いため、症状をコントロールできるようになることを目標に、精神療法で症状の原因となりうるストレスへの対処法や、症状そのものへの対処法を考えていくことも大切です。


350回の閲覧